こけしを描き続けた菓子職人 〜 佐々木久作 工人作より〜

なぜ中古のこけしがアンティーク玩具店ではなく、古書店に並んでいるのだろう? という疑問をかつて持ったことがある私ですが、近頃になってその意味が自分なりに理解してきました。
一本のこけしには一冊の本に匹敵する情報が詰まっているからなのだなと…。

さて今回は「伝統こけしのデザイン」(Cochae 2013)のページデザインを思い出すような背景色で撮った 佐々木久作 工人(1913-1983)の作品です。

久作工人は秋田・象潟の方。今は「にかほ市」になっています。
近年注目されている版画家・池田修三氏(1922-2004)と同郷です。

調べてみると来歴がなかなか興味深く、往年のテレビドラマ「おしん」を地でいく人生を送られていたことを知りました。

本業は菓子職人でした。
本荘の老舗、「三之助もろこし本舗」で丁稚奉公中に日中戦争で徴兵、その後象潟で菓子屋さんを開業するも砂糖不足になり、新たな職をつけるため習得したのが木地挽きでした。戦後、再び菓子屋さんを営む傍ら趣味でこけしを作っていたとのこと。
師匠は高橋盛工人。

画像は推定・遊佐福寿工人の木地に久作工人が描彩を施した作品です。木地は日本海側でよく使われるイタヤではなくミズキです。

参考

「こけしに鎮魂の思い」(秋田魁新報 2014.3.2)

関連記事

  • 福寿工人の挑戦福寿工人の挑戦 @stijprojectが投稿した写真 - 2015 5月 28 11:14午後 […]
  • 鳴子・高勘・まつ子一族の小寸トリオDX鳴子・高勘・まつ子一族の小寸トリオDX 筆者は「意識して特定の種類を集める」ときと、「気づいたら集まっていた」ときのパターンがあります。面白いのは後者でビンゴに当たったような気分になります。「こけしが仲間を呼び […]
  • 遊佐福寿工人の勘治型遊佐福寿工人の勘治型 遊佐福寿工人の勘治型。右が約一尺ですが、それ以上のボリューム感があります。 ダイナミックな中にも繊細さを持ち合わせていて、ずっと楽しめる作品です。[…]
  • 仮説・遊佐福寿工人作「 斜め笠 」はどのように作られたか仮説・遊佐福寿工人作「 斜め笠 」はどのように作られたか 遊佐福寿工人といえば「勘治型」が広く知られていますが、創作こけしも数多く作られていて、伝統こけしと創作こけしを融合させるという新たなスタイルにも挑んでいました。中でも […]
Email this to someoneShare on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter